化粧水を選ぶ時は慎重?

化粧水

肌にトラブルを抱えている人にとって化粧水選びは慎重になると思います。そうした中で最近よく目にする無添加化粧水というのがあります。

 

文字から見るのには自然でとても肌によさそうに思いますが、実際はどうなのでしょう。本来、無添加化粧水というのは、表示指定成分を配合していないものをさしていました。表示指定成分とは1970年代に厚生省がアレルギーを引き起こす可能性のある成分として指定したものです。

 

しかし2001年に表示指定成分の制度がなくなり、変わりにその化粧品に配合されている全ての成分を外箱や容器に表示することが義務付けられました。

 

そのおかげで私たちは化粧水を手にとって見たとき何が配合されているか分かるようになりました。

 

無添加とはいえ着色料や香料こそはいっていませんが、他の成分は使用されています。

 

無添加化粧水と表示されているから、安全とは思わず、まず使用されている成分を確認してください。

 

自分に合うものならそれはとてもいい商品になりますが、合わない成分が入っているとがっかりする結果になってしまうかもしれませ ん。

 

そうならないためにももう一度無添加化粧水を見つめなおしてほしいと思います。

 

化粧水とは違いますが、TPPとか色々話題になります が、遺伝子操作の大豆とか日本製品だとちゃんと表記されていますが、TPPに参加すると規制の撤廃が義務付けされるので遺伝子組み換えなどの表記は外されてしまうそうです。

 

そのため製品を判断するさいにわからなくなってしまうということがあります。

 

 

 

 

安心で安全な化粧水を使いたい?おすすめサイト

安心