寝つきが悪くて苦労をしてきた

寝つき

これまで寝つきが悪くて苦労をしてきました。

 

仕事を終えて疲れが溜まっているのに、いざ寝るとねると、全然身体をやすめることができないのです。

 

お布団の中に入ってもすぐに眠ることはできず、だいたい寝るまでに1時間から2時間程度はかかってしまいます。

 

その結果、睡眠不足でしっかりと身体の疲れを抜くことができない悪循環になってしまっていました。

寝つきを良くすることはできる?

寝つき

こうした寝つきが悪い状態をいつまでも続けていては良くないと実感し、より寝つきをよくする方法はどのようにすればよいのかを考えた結果、大切なことがわかりました。

 

それは、寝る1時間から2時間前まで仕事をしないことです。そうすることで寝つきを良くすることができるそうなんですよね。

 

寝る直前まで仕事をすると、脳が活性化されてより神経が鋭敏になっている状態です。この状態では寝るというリラックス状態にすぐに以降をすることができないのです。

 

その結果寝つきが悪くなるというのが原因です。

 

なので、寝る時間が深夜の1時としましたら、最低でも12時以降は何もしない時間を作る、リラックスできる時間を持つことが寝つきを良くして、よく寝るためには大切なのです。

 

 

 

 

ニキビケアにかける意気込みおすすめサイト

良くする